くるめ食の八十八カ所巡礼の旅2012-2013[遍路其の四]
トップページ
巡礼作法
お遍路一覧
B級グルメイベント歴史と世相
久留米のみどころ

巡礼期間 2012年10/27(土)〜2013年3/31(日)

お問合せ

冊子の使い方 巡礼作法(スタンプラリー参加方法) B級グルメイベント 歴史と世相 久留米の「よかもん」「よかとこ」発見! 巡礼其の壱 ラーメン 巡礼其の弐 うどん 巡礼其の参 焼きとり・居酒屋 巡礼其の四 焼そば・お好み焼き・たこ焼き 巡礼其の伍 ちゃんぽん 巡礼其の六 定食 巡礼其の七 カレー・どんぶり 巡礼其の八 餃子 巡礼其の九 甘味・喫茶・パスタ 知って得する久留米のお土産スポット!
筑後のお酒
久留米名物の黒棒やえんどう豆かりんとう、おこし
籃胎漆器
久留米がすり
観光案内
とんこつラーメンや筑後うどんなど
お酒
コーナー
麺類
コーナー
お菓子
コーナー
籃胎漆器
コーナー
かすり商品
コーナー
観光案内
コーナー

知ってて得する久留米のお土産スポット!

くるめの観どころ

石橋文化センター

株式会社ブリヂストンの創業者である石橋正二郎氏が久留米市に寄贈した複合文化施設です。広大な敷地には、石橋美術館や音楽ホール、日本庭園などがあります。つばき園は国際優秀つばき園に認定され、色とりどりの花を咲かせます。美術館では、久留米出身の洋画家・青木繁、坂本繁二郎などの作品約120点が展示されています。

問合せ/0942-33-2271

所在地/久留米市野中町1015

開園時間/9:00~17:00 休館日/月曜(祝日や振替休日の場合は開館)、年末年始

入場料/無料(ただし、美術館は有料)

青木繁旧居

今年生誕130年を迎える青木繁は、《海の幸》《わだつみのいろこの宮》(ともに重要文化財)などの作品を残した、近代日本美術史の上でもっとも著名な洋画家の一人です。この青木繁旧居は、青木が少年期を過ごし、豊かな芸術の才能を育んだふるさとの家を復原整備したものです。 青木繁に関する写真パネルや解説パネル、青木繁作品の複製画などを展示しています。

問合せ/0942‐39‐3575

所在地/久留米市荘島町431 開館時間/10:00~17:00

休館日/月曜(祝日や振替休日の場合は開館し、翌日火曜に休館)、年末年始 入館料/無料

坂本繁二郎生家

今年生誕130年を迎える坂本繁二郎は、《放牧三馬》《帽子を持てる女》などの作品を制作し、文化勲章を受章した洋画家です。

この繁二郎の生家は、久留米市に残っている唯一の武家屋敷で、明治35年頃の姿に復原整備したものです。繁二郎の親友、青木繁が居候した茶室も復原し、彼らが描いたといわれる複製の襖絵も展示されています。

問合せ/0942-35-8260

所在地/久留米市京町224-1 開館時間/10:00~17:00

休館日/月曜(祝日や振替休日の場合は開館し、翌日火曜に休館)、年末年始

入館料/一般200円 小中学生100円

有馬記念館

昭和34年の久留米市制70周年を記念して、石橋正二郎氏より寄附されたもので、市制120周年にあたる平成21年度に改修しました。江戸時代に久留米を治めていた藩主有馬家ゆかりの歴史資料や美術工芸品を中心に展示公開しています。平成25年1月12日(土)から3月10日(日)まで、石橋美術館と共同で【特別展】金閣・銀閣の寺宝展 雪舟、等伯、宗達、そして若冲を開催します。

問合せ/0942-39-8485 所在地/久留米市篠山町444 開館時間/10:00~17:00

休館日/火曜(祝日の場合は開館し、翌日水曜に休館)、年末年始

入館料(常設展)/高校生以上200円 小中学生100円

        (※【特別展】は料金が異なるため、お問い合わせください。)

JR久留米駅構内2Fの『地場産くるめ JR久留米駅店』は、筑後の物産品を豊富に取り揃える“お土産のデパート”です。

久留米を訪れた方のお土産、他の地域の方への贈り物など、駅利用のついでに気軽にお立ち寄り下さい。

お酒

コーナー

麺類

コーナー

お菓子

コーナー

籃胎漆器

コーナー

かすり商品

コーナー

観光案内

コーナー

米どころ筑後は全国でも有数の酒蔵集積度を誇る地酒の産地です。よく見かけるスタンダードなものから貴重銘柄まで、筑後のお酒がずらりと並ぶこのコーナーは、お酒好きなら見ているだけでも楽しくなります。

とんこつラーメンや筑後うどんなど、久留米のご当地グルメに麺は欠かせません。ラーメンはこってり、あっさりなどスープのタイプ別に揃えています。また、近頃は筑後うどんの知名度アップにともない、うどんをお買い上げの方も増えています。

米・麦が豊富に採れる筑後には、それらを使ったさまざまなお菓子が作られています。久留米名物の黒棒やえんどう豆かりんとう、おこしは、昔と変わらぬ味を伝え、お土産として高い人気を誇ります。

籃胎漆器とは竹細工で作られた漆器で、久留米の伝統的な工芸品です。真竹を裂いた竹ひごを編み、その上に何度も漆を塗り重ねた質感は、他の漆器にはない独自の魅力を持っています。現代のインテリアに調和するデザイン性も、お楽しみください。

かすりの産地として有名な久留米では、着物以外にもさまざまなかすり商品が作られています。コートやバッグ、帽子に小物。どれもかすりの特長を生かしたスグレ物のデザインです。生活の中にかすりを取り入れてはいかがですか。

観光に関することなら、こちらにお任せください。「花のきれいな場所をゆっくり散策したい」「列車の待ち時間に何か見ておきたい」など、久留米を訪れた方、それぞれのニーズに合ったきめ細かい情報をお届けします。

地場産くるめ JR久留米駅店

TEL.0942‐33‐4422

営業時間7:00~19:00 年中無休

石橋文化センター

青木繁旧居

坂本繁二郎生家

有馬記念館

B級ご当地グルメとは…

安くて うまくて

地元の人に愛されている料理のことです。

ラーメン、焼きとり、筑後うどん・・・久留米の街は、みんなが大好きなB級ご当地グルメの聖地。B級グルメの聖地久留米実行委員会では、久留米の宝「B級ご当地グルメ」を広く知ってもらうため、市民推薦で選ばれたB級ご当地グルメのお店を巡る「食の八十八ヶ所巡礼の旅」冊子を作成しました。